体操教室

集団の力で病気に立ち向かう
「リハビリに取り組みたいけれどどうしたらいいのかわからない」「周りの人にパーキンソン病の大変さを理解してもらえない」と感じたことはないでしょうか?立花パーキンソンクラブでは専用のリハビリプログラムに取り組むだけでなく、情報交換もできるため病気に対する不安を解消することができます。創作あり、音楽あり、宿題あり。内容盛りだくさんです。活気のある状態を維持できるようパーキンソン病あるあるを共有し、一緒に病気に立ち向かいましょう。
リハビリに取り組む 外出の機会を作る 悩みを共有
健常者と同じ状態が目標 社会とつながって生涯現役 パーキンソン病あるあるを他のパーキンソン病の方と共有
薬や病気、リハビリのことなど、気になる疑問、質問などニャンでも気軽に尋ねることができます。
家にじっとこもっていないで
家にじっとこもっていないで
寝てばっかりいないで
寝てばっかりいないで
一人ぼっちでいないで
一人ぼっちでいないで

パーキンソン病体操教室の紹介

スタッフ紹介

加藤 丈陽(たけあき)

総合内科専門医、脳神経内科専門医・指導医。
内科全般、神経疾患の診察をしています。

 

西郷 どん(本名 秘密)

理学療法士
パーキンソン専用リハプログラム習得
脱藩浪士のため本名は非公開

作業療法士 4名

Yamamoto・Kimura
Kamimura・Ogasawara
個人情報保護法のためフルネーム非公開

PAGE TOP